POPcorn

ネタバレ一切なしで作品の良さを伝えます。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

原題:Darkest Hourを鑑賞した!

辻一弘の特殊メイクが話題となった今作ですが、やっと観られました!

 

歴史には疎いのでチャーチルについて少しお勉強しました。

f:id:tbgon0:20181013230321p:plain

英国の政治家で専ら第二次世界大戦に於いて英国を勝利に導いた首相として知られています。ドイツと和平条約を締結する方針だった政府に真っ向から立ち向かい、戦い続け勝利を得る事にこだわった男です。

特にこの作品はダイナモ作戦やダンケルクからの撤退と呼ばれる一件周辺の出来事を描いています。

映画として見るならば予習は必要ないですが、予習してからの方が細部まで理解できるかもしれません。

こうして作品にすると、本当にこんな男が存在したのかと驚きます。

一見好戦的な男のように感じてしまいますが、考えた末の「戦い抜く」という決断、それに伴う葛藤や結果、それを丁寧にまとめた作品です。

ここが好き

チャーチルの横暴な姿とともに人間臭い一瞬が描かれています。

その人間臭い部分に触れることで一気に彼が愛おしくなるのです。

彼が国民を鼓舞するシーンでは「ホラティウスは言った。地上のあらゆる人間に死は遅かれ早かれ訪れる。ならば強敵に立ち向かう以上に尊い死があるだろうか。」という引用があります。非常に記憶に残った一節で、死を引用しての鼓舞はどうかと思いますが、それによって人々を動かす言葉の力を感じました。

激動の時代を生きた男の決断と判断、ゆとりの時代を生きた私からは想像もつきません。

チャーチルピースサイン(Vサイン)は劇中でも印象的に扱われていますが、私たち日本人も写真を撮る際、馬鹿の一つ覚えのようにピースをします。どこかに似たような思想を持っているのかもしれませんよ。

受験に向け世界史を勉強しているそこの受験生の君!

この映画を見れば第二次世界大戦の英国周辺の歴史はバッチリだ!

ついでに対の作品として「帰ってきたヒトラー」か「ヒトラー最後の12日間」も観よう!