POPcorn

ネタバレ一切なしで作品の良さを伝えます。

カサブランカ

カサブランカ(1942)を鑑賞した。

友人の勧めで鑑賞したが、こんなに古い作品だとは思わなかった。

久々に3:4の比率で映画を観た。

第二次世界大戦のヨーロッパから南へ避難した国民が中立国のポルトガル経由でアメリカへ渡ろうとする。飛行場のあるカサブランカを舞台にした作品だ。

しかし、アメリカへ渡るためには通行証が必要で、それを巡って主人公リックがカサブランカで営む酒場で事件は起こる。

アウトラインは「愛した女性が別の男とアメリカへ?!」だ。

戦後に生まれた私は戦時中の人々の精神状態や世界情勢を知らない。

特に欧米諸国は想像もできないが、かなり当時の状況を風刺した作品らしい。

ãã«ãµãã©ã³ã«ãæ ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ここが好き
かなり淡々とした映画だ。
正直言って「とっても面白い」映画ではないが、恋人と再開や主人公のヒロイズム、キャラクター同士のやりとりを"1942年に作られた映画だ"と思って見るのは面白い。
現代にも通ずる型を感じる。
キーワードは「ピアノ」。やはりいつの時代も音楽は人に寄り添っていますね。
 
難しくて古い映画なので、一人で時間があるときに見る事をオススメします!