POPcorn

ネタバレ一切なしで作品の良さを伝えます。

Venom

Venomを鑑賞した。
マーベル系列のスピンオフといっていいだろうか。
サムライミ版スパイダーマン3で登場したヴェノムだ。
本来、原作版ではダークヒーロー的要素が強いので、サム・ライミ版よりも原作に忠実だと思われる。
配給はSony Picturesで、なんとMCU(MARVEL CINEMATIC UNIVERSE)に対抗してのSony's Universe of Marvel Charactersの第一作めとのこと。
MCUとの共演は無いらしいが、Sony Picturesがマーベルと提携したスパイダーマン:ホームカミング世界線を共有しているらしい。
スパイダーマンはいつも仲間はずれにされているが、今回、Venomとの共演は実現しないだろうか?

ãbane dark knightãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

本作で主演を務めるのはダークナイト ライジングでヴィラン:ベインを演じたトム・ハーディだ。
成り立ちだけはサム・ライミ版3のヴェノムのほうが原作に沿っている。
そもそも、一度もスパイダーマンに取り憑いていないのにスパイダーマンを模した姿をしているのは矛盾を感じる。
ヴィジュアルはかなり原作に近く、デカイ。
自己再生能力や体格、フィジカル的にはハルクやウルヴァリンに相等するのではないだろうか。

ãvenom spiderman3ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

加えて、何より進化したのはシンビオートとしてのヴェノムの扱いだ。
サムライミ版ではネチョネチョと動くスライムでしかなかったが、今回はスライムとしても自我を持っており、顔だけで喋ったり、エディの頭の中で喋ったりする。
描写はサム・ライミ版のスライムとかなり酷似している。
そしてヴェノムがかなりピュアなキャラクターとして描かれているのが本作の特徴だ。
巷ではヴェノム萌えが多発しており、なんだか奇妙な感じだ。

ここがきになる
ヴェノムの萌えキャラ化や設定の曖昧さなど気になる部分がたくさんある今作であるが、アクションムービーとしては満足だ。ただ、ずっと暗い中で黒いヴェノムが活躍するので目が疲れる。
 
サム・ライミスパイダーマンのファンたちは一見の価値ありです!